Logo「空蝉」時代


「空蝉」

継承と改良

3年にわたって数々の実験を行ってきた「橋姫」だったが、機体のゆがみやねじ周りなど、老朽化が目立つようになった

このため、2012年春に新たにほむら4番目の機体、「空蝉」を製作した。源氏物語第三帖「空蝉」から取っている。

基本的な設計は橋姫を継承しているが、以下のような点が「橋姫」から変更された。

  1. 中央の無線アンテナ用空洞の廃止
    空洞がない「空蝉」
     「橋姫」には機体中央部に無線機のアンテナのための空洞が用意されていた。しかし、
    などの問題点が存在していた。
     今回、外側を覆う板を非金属性の素材を用いることで、アンテナのために空洞を作らなくても送受信が可能となるよう改良した。
  2. 電池・センサー搭載量の増加
     上記空洞の廃止と、機体長をやや長くしたこと、配線の見直しなどによって、搭載量が1.5倍以上に増加した。
    これにより、増加分をすべて電池に利用した場合、4000mAHのリチウムポリマー電池を、8本搭載から、最大12本搭載へと増加したことを意味する。
  3. モーターの固定方法の見直し
     従来、モーターを交換する際には機体を一度開ける必要があったため、メンテナンスに時間がかかっていた。
    今回、より簡単にモーターを取り外せるようにしたことで、モーター一つの交換時間が約1/3程度になった。

「空蝉」上から「空蝉」前から「空蝉」横から

「橋姫」時代<<  機体紹介へ


Mobile Sensor for Volcanic Observation "HOMURA"
火山観測用自走式センサー「ほむら」
ご意見、ご質問はまで

トップページへ
2009 11/7更新